記事一覧

保険について考える ~子供が産まれたら保険をどうする?~ LAST

ここまで「かかる費用」と「補償されるお金」、「今後稼ぐお金」について考えてきました。その結果「240万円」程度は余裕を持てるということが分かったわけです。しかし、「自分が亡くなって近いうちに入るお金」と「将来にかけて入るお金」というものは別物です。そう考えると「亡くなってすぐ必要なお金」と「将来必要になるお金」は分けた上で補償は考えないといけません。【亡くなってすぐ必要なお金】これについてはやはり「...

続きを読む

保険について考える ~子供が産まれたら保険をどうする?~③

では、保障が必要な分はいくらなのか? その検討をしたいと思います。 前述の計算では子供1人当たり2,651万円程度かかるようですが、これはあくまでも「子ども」に係るお金です。 そこに普段の生活費がのしかかります。 夫が亡くなると生活費は約7割になるそうですが、私が亡くなると妻は実家に戻ると思いますので住居費の負担はそうないでしょう。 そうすると、生活費については妻家族との折半になり、か...

続きを読む

保険について考える ~子供が産まれたら保険をどうする?~②

死亡保障は当たり前ですが、亡くなった場合に支払われる保険金によって掛け金が変わります。そのため、保健は青天井かけとけ!ではなく、必要な分がいくらなのかが大事になってきます。自分が亡くなると「誰が」子どもを育てることになるのか、それは「妻」、配偶者ですね。死亡保障を考える前に、私が死ぬことで得られるお金を見てみると、保険という形以外に「遺族年金」が妻に支払われます。こちらを見てみましょう。http://www...

続きを読む

保険について考える ~子供が産まれたら保険をどうする?~①

メモがてら保険について考えます。保険は「不足を補う」ものであると考えています。自分が死んだら、残された家族に必要なお金がどれくらいなのか。はたまた怪我や病気になった時に自分の資金では対応できないお金がどのくらいなのか。こういった状況を踏まえ、では必要な保障はなにか、どのくらいか、ということにつながると考えています。今年、順調にいけば子供が生まれるます。そのため、「死亡保障」について考えないといかな...

続きを読む

車の保険

こんばんはパックです。保険の中でも欠かせないものは存在します。それは何か起こった時自分の資産だけでは支払えないほどの金額が発生するものへの供えも含みます。例えば車の保険がそうです。単なる自損で車が壊れたくらいであればなんとかなりますが、人をひいたなんて日には何千万もの賠償が発生することもあります。その供えとして任意保険というのがあるんですね。車の保険は等級というものが存在します。私は上限の等級なの...

続きを読む

自己紹介

パック

Author:パック
資産形成・投資・日常を綴ってます。
子どもが産まれるのでよりがんばります。
☆つみたてNISA実践中☆
保有資産
<特定口座>
・セゾンバンガードGBF

<つみたてNISA>
・eMAXIS新興国株式インデックス
・ニッセイTOPIXインデックスファンド
・One-たわらノーロード 先進国株式

Twitter @pakupackpakku