FC2ブログ

記事一覧

買われた展

こんばんはパックです。

今日は神楽坂で行われている「私たちは『買われた』展」に行ってきました。

誘われたからとかではなく、Facebookで誰かがシェアしていた記事を見て、行ってみようかなあと思ったことがきっかけです。

皆さんは「売春」をどう思いますか?

そう問われたときに思い浮かべるイメージは、まずいいものではないでしょう。
人によっては売春をしているなんてけしからんという感情を持つ人もいますし、そんなことしないといけないなんてかわいそうと同情の念を抱く人もいるでしょう。

性に関するこういった話題は、なかなか表に出てくるものではなく、そのため偏見を持つことも多い話題です。

まずもって売春はいけない行為です。これは前提です。
しかし、なぜ売春をしたのか、もっと言えばなぜ売春をせざるを得なかったのか、そういうことを表に出している企画展でした。

そこで展示してあった境遇は様々でした。
ただ共通していたのは、本人がつらいとき、どうしようもない時声をかけてきたのは弱みにつけこむ男達だったというこや、お金が必要だったということです。

たしかに子供がお金を必要とするとき、稼ぐ方法は限られてますよね。
性を売るのは手っ取り早いというわけでは決してないですが、稼ぐことがそれにつながる、それに気づいてしまうことの怖さはありますね。

今回の展示を見て、自分がこの問題を解決してやる!ということは実際難しいですが、人と接する時に、行動の結果だけ見てなんでも判断しすぎると、相手を追い詰めることもあるのかなと思うと、接するスタンスを考えないとですね。

特に私の場合仕事上部署によってはかなり人の人生を深く見る必要のある業務もあります。

大それたことはせずとも、少し意識を変えるだけでも大事なことなのではと感じました。

それにしても展示内容は本当に起こったこと?フィクションではなく?と思うくらい目を覆いたくなる内容でした。

今後親になる自分を想像したとき、自分の子供にどう接していくかよくよく考えさせられる内容でしたね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

パック

Author:パック
資産形成からブログを始めました。
投資、健康、運動、野球、ヤクルトスワローズなど、趣味も含めてその時感じたこと考えたこと、整理したいことを綴ります。

Twitter @pakupackpakku