FC2ブログ

記事一覧

最後の砦

こんばんは、パックです。

現在の日本は非正規雇用が増え、安定した収入がない人が増えているという状況にあるそうです。

しかし、一般的なサラリーマンで一定の給与水準にあるような人も、突如として貧困に陥ることはあります。

その要因は介護や病気です。

特に、結婚もしておらず、親戚の助けもない人が、親と二人暮しで介護のため仕事をやめるといったケースも存在するそうです。

それでもお金があり、親の年金もかなりあるといった場合は大丈夫でしょうが、年金も国民年金しかない場合など、日々貯金を削るしかない状況に陥ると、悪循環です。

そういうときのために存在するのが福祉の分野になります。

介護であれば介護保険制度、生活困窮には生活保護などですね。

しかし、こういったものも、知らない人には制度があるとはいえ意味をなしませんし、正社員としてバリバリ仕事をしていた人は、生活保護をもらうなんて申し訳ないといった気持ちを抱いてしまう場合もあるそうです。  

それで相談が遅れ、相談があるときには本当にギリギリになっていることあるそう。ギリギリならまだましですね

福祉は困っている人を助ける制度でもありますが、世間の印象等が壁となり救えるものも救えないなんてこともあります。

限られた財源の中でどこまで手を差し伸べることができるのか、誰に差し伸べたらいいのか、そういった判断は福祉を提供する仕事を受け持つ可能性がある身としては、考えていかなければなりませんね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

パック

Author:パック
資産形成からブログを始めました。
投資、健康、運動、野球、ヤクルトスワローズなど、趣味も含めてその時感じたこと考えたこと、整理したいことを綴ります。

Twitter @pakupackpakku